ソニー、1巻あたり185TBの大容量を実現する磁気テープ技術を開発

tape

磁気テープといえば、一昔前のバックアップ方法というイメージがありますが、次世代テープ技術で状況がかわるかもしれません。ソニーは、4月30日に「1巻あたり185TB」の大容量を実現する磁気テープ技術を開発したと発表しました(プレスリリースASCII.jpThe Verge)。

この技術は、「スパッタ法を用い、独自に平滑な界面の軟磁性膜を開発したことで、結晶配向の乱れや大きさのばらつきを抑えた微細な磁性粒子を有するナノ・グレイン磁性膜を実現する」というもの。

専門家ではないので技術的な詳細は理解できませんが、ともかく「世界最高面記録密度148Gb/in2(ギガビット/平方インチ)」を達成し、「データカートリッジ 1巻あたり185TB」を実現したということなので、凄そうです(従来の74版)。

この容量だと、おそらく企業がバックアップ用途に使うことを想定しているのでしょうけど、個人向けにも安価なバックアップ装置が発売されたら使いたいと思う人は多いのではないでしょうか。検索してみると予想に反して、最近は磁気テープの利用が復活しているみたいですし(なぜ?“磁気テープ”が復活磁気テープなぜ復活?磁気テープ、まさかの復権)。

スポンサーリンク