Microsoft、399ドルからの安価なタブレット「Surface Go」を発表

Surfacego

Microsoftは本日、Surfaceシリーズの低価格タブレット「Surface Go」を発表しました(ITmediaThe Verge)。

Surface Goは米国での販売価格が399ドルという低価格タブレットで、10インチディスプレイを採用し、厚さは8.3mm、重量は522グラムとなっています。

低価格ながら高精細なPixelSense Display(1800x200)を搭載し、4096段階の圧力検知が可能なSurface Penをサポート。CPUはPentium Gold 4415Yでファンレスデザインを実現し、バッテリー駆動時間は9時間です。RAMとストレージは4GB/64GB(399ドル)のエントリーモデルのほか、8GB/128GB(549ドル)のよりハイエンドなモデルも存在します。USB-C 3.1端子、ヘッドフォン端子、microSDカードスロットも利用可能です。

販売開始は8月2日で、アメリアやカナダ、オーストラリアなどでは7月10日から予約受付が始まります。日本などでも近々予約注文が可能になるとのことです。

スポンサーリンク