国内タブレット市場でアップル首位陥落

昨年12月の国内タブレットシェアでASUSのシェアが44.4%、Appleのシェアが40.1%となりAppleが初めて首位を陥落したと伝えられています(産経ニュース)。

ASUSといえばもちろんNexus7ですが、これが売れているみたいです(管理人も購入済み)。2万円以下で入手できる、中華タブレットと比較しても十分競争力がある端末なので、まあ売れるのも分かりますね。

単一機種がシェアを独占していると競争原理が働かないので、ライバルが存在したほうが、ユーザーとしてはありがたいかもしれません。

スポンサーリンク