東芝より2.5インチ7mm厚のハイブリッドHDD「MQ01ABF」シリーズサンプル出荷

NewImage

東芝からNANDフラッシュメモリを搭載した、2.5インチ7mm厚のハイブリッドHDDが、6月28日よりサンプル出荷されるようです(プレスリリースPC Watch)。型番は、容量500GBのものが「MQ01ABF050H」、320GBのものが「MQ01ABF032H」

新製品は、磁気ディスク枚数を1枚にすることで厚さ約7mmの薄さを実現し、軽量薄型筐体のノートPCなどへの搭載が可能となります。また、最先端のキャッシングのアルゴリズムを採用することで、書き込みや読み出しなどの性能を従来型のHDDに比べ約4倍高速化しました。

ハイブリッドHDDということで、HDDよりは高速、SSDよりは大容量・低価格であることが望まれます。うまく調整されていれば1ドライブしか搭載できないノートPCの交換用ドライブとして需要があるかもしれません。

他メーカーではSEAGATEのハイブリッドドライブがライバルになりますね(厚さが違うけど)。

レビュー的には高評価です。750GBの容量は魅力的。

スポンサーリンク