USB 3.0の転送速度がさらに倍。10Gbpsへ。

Conputerworldの記事によると、USB3.0の最大転送速度を5Gbpsから10Gbpsに引き上げられることができる、「SuperSpeed USBモード」の追加が2013年半ばまでに完了するそうです。

 USB 3.0 Promoter Groupは1月6日、既存のUSB 3.0規格に対する10GbpsのSuperSpeed USBモードの追加は2013年半ばまでに完了する見込みであることを発表した。もっとも、同規格に対応した最初の製品がいつごろ発売されるのかは明らかにされていない。

対応製品の発売時期などはまだ不明ですが、ケーブルやコネクタとの互換性があるということなので、比較的早い時期に使うことができるかもしれませんね。10GbpsといえばThunderboltの転送速度と同じですし、外付けHDD=遅いといった常識が覆る日も近いかもしれません。

スポンサーリンク