Apple、9月7日よりApp Storeの大掃除を開始 - 動かないアプリ、メンテ放棄アプリは削除へ

S 2016 09 02 9 52 40

Appleは本日、開発者に対して最近更新されておらず、意図した通りに動作しなくなっているアプリや、現在のレビューガイドラインに合致しないアプリを削除する、App Storeの改善作業を開始することを発表しました(Developer NewsMacRumors)。

To make it easier for customers to find great apps that fit their needs, we want to ensure that apps available on the App Store are functional and up-to-date. We are implementing an ongoing process of evaluating apps, removing apps that no longer function as intended, don’t follow current review guidelines, or are outdated.

「顧客がニーズにあったアプリを見つけやすくするため、App Storeで入手できるアプリは機能し、更新されているものであることを確実にしたい。私たちは意図したとおりに機能しないアプリや、現在のレビューガイドラインに従っていないアプリ、古くなり役に立たないアプリを削除するための、アプリを評価する継続的なプロセスを実施中です」

レビュープロセスは2016年の9月7日から開始されApp Storeに存在する全てのアプリが対象となります。問題が発生したアプリ開発者に対しては、App Storeで公開し続けるために変更が必要という事が通知されますが、起動時にクラッシュしたアプリは即時App Storeから削除される模様です。

アプリに変更が必要な場合は30日間の猶予期間が与えられ、その間に修正できない場合は、やはり削除されます。ただし削除された場合でも、アプリの名前は開発者に関連づけられたままで、他の開発者が使用できるようにはならないとのこと。

またApp Storeから削除された場合も、ユーザーがインストール済みのアプリは使用し続けることが可能で、アプリ内課金も行えますが、ユーザーのために早期にApp Storeに復帰することが推奨されています。

Appleはアプリの品質とともに、ユーザーに混乱を招く、長すぎるアプリの名前に関しても警告を発しており、現在はアプリの名前が50文字以内に制限されていることを通知しています。

スポンサーリンク