Apple、iOS 11で32bit版アプリのサポートを終了へ - iOS 10.3ベータで警告が表示

Ios 10 3 beta 1 32 bit app alert

Appleは今年リリースされる「iOS 11」で32bitアプリのサポートをついに打ち切る決意を固めたのかもしれません。先日公開されたiOS 10.3 beta1で32bit版アプリを実行すると、上記画像のようなメッセージが表示されることが判明したためです(9to5Mac)。

表示されるメッセージは以下の通り:

"AppName" Needs to Be Updated
This app will not work with future versions of iOS. The developer of this app needs to update to improve its compatibility
"アプリ名"はアップデートする必要があります
このアプリはiOSの将来のバージョンで動作しない可能性があります。アプリの開発者は互換性を向上させるためにアップデートする必要があります

AppleはiOS用の64bitアプリをiPhone 5sが発売された2013年9月からサポートし始めました。開発者に対しては2015年2月から新規アプリで、2015年6月からは更新するアプリでも64bitサポートを要求し、64bit化をすすめてきています。

32bitアプリのサポート廃止はこの流れにのって、iOS 10の次期バージョンであるiOS 11で行われる可能性があるとみられています。

スポンサーリンク