Apple、ガイドラインを改訂しガチャ排出率の表記を義務化へ

Roll the dice craps board game points 122427

日本で人気を集めるガチャシステムを採用するスマホゲームに対し、Appleが一定の規制をかけようとしているのかもしれません。Appleは21日、英語版のApp Store Review Guidelinesを改訂し、「アイテムの種類別排出率を事前に利用者に開示しなければならない」といする条項を追加したことが判明しています(ねとらぼ)。

S 20171222 93020

追加されたのはアプリ内課金に関する規則を掲載した「3.1.1 In-App Purchase」内の項目で、以下のような内容が追加されています。

Apps offering “loot boxes” or other mechanisms that provide randomized virtual items for purchase must disclose the odds of receiving each type of item to customers prior to purchase.

ルートボックスやその他有料のランダム化された仮想アイテムを提供するアプリケーションは、購入前に各タイプのアイテムを顧客が入手できる確率を開示しなければならない。

日本語版のガイドラインにはまだ反映されておらず、実際にこの規則がどこまで厳格に運用されるかも不明ですが、ガチャシステムを採用するスマートフォン向けゲームが人気の日本を意識した規則なのかもしれません。

スポンサーリンク