【朗報】「Chrome for iOS」がアップデート。WKWebViewの採用によりクラッシュ率が大幅に軽減かつ高速に

NewImage

Googleの開発するWebブラウザChromeのiOS版である「Chrome for iOS」が更新され、最新のVersion 48.0.2564.87が公開されました(MacRumors)。iPhone / iPadに対応した無料アプリでApp Storeよりダウンロードすることができます。

Chrome - Google のウェブブラウザ App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
定番ブラウザChromeのiOS版

Chromium Blogによると、Version 48ではこれまで使われてきたUIWebViewのかわりに、iOS 8で導入されたWKWebViewを採用することにより、クラッシュ率が70%減少する大幅な改善が行われています。

NewImage

またIndexedDBのようなWeb標準をサポートすることでHTML5testのスコアが391から409に上昇し、タブ切り替え時のリロード率の減少や、JavaScriptの高速化も成し遂げられています。

そのほか新しいタブページのアイコンデザインの変更や、ChromeのブックマークをiOSの検索機能から検索できるSpotlightとの統合も行われています。

iOS上のWebブラウザは安定性やパフォーマンスの面でSafariが有利な印象がありましたが、新しいChromeの登場で状況が変わる可能性もありそうです。

スポンサーリンク