FacebookのiOSアプリをアンインストールするとバッテリー持続時間が15%アップするとの調査

NewImage

The GuardianのライターSamuel Gibbs氏が、FacebookのiOSアプリをアンインストールし、代わりにSafariからFacebookサイトにアクセスするとiPhoneのバッテリー持続時間が15%アップしたと報じています(MacRumors9to5Mac)。

Gibbs氏はテストにiPhone 6s Plusを使用。Facebookアプリを使用した場合と、SafariからFacebookのモバイルサイトにアクセスした場合のバッテリー残量を同じ時間・同じ作業で一週間比較し、Safari経由のほうが15%バッテリー持続時間が長くなったと結論づけています。

おまけにFacebookアプリをアンインストールしたおかげで500MBのストレージ容量が空いたとも伝えています。同様の結果を報告したiPhoneユーザーが何人か存在するようで、端末固有の問題ではなさそうです。

Gibbs氏は、Facebookアプリの問題解決するまで、代替案としてホーム画面にFacebookのショートカットを作成することを提案しています。

スポンサーリンク