【悲報】iFixit、「Apple TV」を分解した罪により公式アプリがApp Storeより削除されてしまう

NewImage

Apple製品が入手出来るやいなや即座に分解し詳細なレポートを公開することでお馴染みの「iFixit」。しかし本日、同社公式アプリがApp Storeより削除されてしまったことが明らかになりました(iFixitCNET Japan)。

iFixitによると、悲劇の原因は「Apple TV」と「Siri Remote」の分解にあるといいます。分解されたApple TVは開発者向けキットとして提供されたものであったため、Appleが規約違反とみなし、iFixitの開発アカウントを停止、結果としてiFixitのアプリが削除されてしまったのです。

ただしiFixitは「分解は我らのDNA」と宣言していることからもわかるように、こうなるリスクを承知の上で分解に望んでいた模様。iOSアプリを復活させる予定はないものの、強化されたモバイルサイトにより十分ユーザーの要望に応えることが出来るとの見方を示しています。

またiFixitのAPIは誰でも利用可能であり、さらにiOSアプリオープンソースで公開されていることから(ただしiOS 4時代のコードらしい)、これらを活用して独自のiOSアプリを作ることも可能だとしています。

スポンサーリンク