Appleが「iOS 10 beta 2」で非暗号化部分を拡大 - オープンな姿勢は今後も拡大か?

ios10.jpg

AppleがリリースしたiOSの最新ベータビルド「iOS 10 beta 2」で、カーネルの非暗号化部分がさらに拡大されていることが判明し注目を集めています(iDownloadBlog)。

iPhoneハッカーのMuscleNerd氏の調査によると、beta 2では32bit版のブートローダーやカーネルキャッシュ、RAMディスク(Apple TV除く)等の各コンポーネントの暗号化が行われていないとのこと。

Image

同氏がまとめた上記画像を確認してみるとiOS 10 beta 2では青や緑の非暗号化部分が確かに増加していることがわかります。Appleは暗号の解除によって、開発者やセキュリティ研究家による脆弱性のレポートの増加が期待でき、迅速なパッチの配信が可能になると説明しました。今後もギリギリ可能なラインまで暗号化の解除が進むのかもしれません。

スポンサーリンク