Apple、iOS 11.3の新機能を公開 - 劣化バッテリーによる速度制限がオフにできる

S 20180125 90702

Appleは24日、今春に公開される「iOS 11.3」に導入される新機能紹介するページ「Apple、iOS 11.3をプレビュー」を公開しました(9to5Mac)。

iOS 11.3ではAR機能の強化や、iPhone Xで利用できる新しいアニ文字の追加、ヘルスケアアプリケーションで健康に関する記録を確認できる新機能の追加など、多くの機能が追加されます

まずAR機能ではARKit 1.5が導入され、壁やドアのような垂直面も認識してその上に仮想オブジェクトを置けるようになるほか、円形テーブルのような不規則な形の面もこれまで以上に正確にマップできるようになります。

iPhone Xで利用できるアニ文字には、ドラゴン、熊、頭蓋骨、ライオンの新しいアニ文字が加わり計16種類のキャラクターが利用できるようになります。

ヘルスケアアプリケーションでは、Health Recordsと呼ばれる機能が追加され、病院、診療所などで、自分の医療データを複数の提供元から集めて必要な時に簡単に見られるようにすることができるようになります。

最後に劣化したバッテリーを搭載したiPhoneで処理速度が遅くなる問題に対応し、バッテリーの健康状態を伝え、バッテリーの修理が必要な時にそれを推奨してくれる機能や、予期しないシャットダウンを避ける電源管理機能をオフにできる機能が追加されます。この機能は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plusで利用可能です。

正式版は今年の春公開ですが、新機能は開発者やベータテスターに向けて公開されるiOS 11.3ベータで先行して確認可能です。

スポンサーリンク