iOS 11.4ではLightningポート接続が7日後に無効化されるかも

GrayKey

Appleが現在開発中のiOS 11.4では、デバイスのロックが解除されていない場合、iOSデバイスのLightningポートへのアクセスに一週間の有効期限を設定できる「USB Restricted Mode」が含まれていることがわかりました。最近話題のGrayKeyボックスのような法執行ツール対する防御策と考えられています。

Elcomsoftによる説明によると、iPhoneまたはiPadがiOS 11.4にアップデートされた後、過去7日間パスコードを使用してアンロックされていないか、ペアリングされたコンピューターに接続されていない場合、Lightningポートはデータ接続機能が使用できなくなり、充電機能だけが使用できる状態になるようです。

現在USB制限モードが発動する詳細な条件は不明のようですが、Elcomsoftは「デバイスを7日間放置した後(その間パスコードやTouch IDによるロック解除、コンピューターへの接続なし)、USBがロックされた」とテストの条件を説明しています。

USB制限モードによって、GrayKeyボックスの適用を完全に妨げることはできませんが、パスコード解除にかける日数を大幅に制限することは可能となります。

なおこの機能は、iOS 11.3ベータ版で初めて導入されたものの、iOS 11.3正式版には組み込まれておらず、iOS 11.4ベータ版で利用できたとしても、iOS 11.4が一般公開される際に有効になっている事は保証できないとのこと。

スポンサーリンク