iOS 11では前後トラックへの移動がAirPodsから可能に - 左右個別に機能割り当ても

S 20170607 131823

Appleが今秋正式公開するiOS 11では、ワイヤレスヘッドフォン「AirPods」に関する機能が強化され、次の曲や、前の曲を再生することができる機能が追加されるのに加え、左右それぞれに独立した機能が割り当て可能になることがわかりました(9to5Mac)。

現在AirPodsにはイヤーピースのダブルタップに、Siriの起動、音楽の再生/停止などの機能を割り当てることができます。iOS 11ではこれが拡張されて、「Next Track(次のトラック)」「Previous Track(前のトラック)」などが割り当て可能になるようです。

またそれだけでなく、左右それぞれに別の機能を割り当て、例えば右のダブルタップに「再生/停止」を、左のダブルタップに「次へ」を割り当てるといったことも可能となるのです。

なお設定はこれまで同様、Bluetooth設定からAirPodsを選択して行います。

スポンサーリンク