iOS 11のiPhone上でのドラッグ&ドロップは意図的制限されて使えなくなっていた

S 20170613 91536

Appleは2017年秋一般公開予定のiOS 11でiPad向けの新機能を多数追加する予定です。例えばアプリ間のドラッグ&ドロップ機能もそのような機能の一つですが、iPhoneでも設定を変更すれば同機能が利用できることが発見されました(9to5Mac)。

おなじみの開発者Steven Troughton-Smith氏によると、iPhoneではアプリ間のドラッグ&ドロップが機能が、UIKitの設定および/AppleInternalフォルダによって制限されているとのこと。これを変更しドラッグ&ドロップを行う様子を撮影したデモ動画が公開されています。

現在iPhoneのアプリ間ドラッグ&ドロップ機能は一般ユーザーでは有効にすることができません。Smith氏は、iPhone 8で仮想ホームボタンが導入され、そのタイミングで、iPhoneでも機能がドラッグ&ドロップ機能が解禁されるのではないかと予想しています。

スポンサーリンク