iOS 11で32bitアプリのサポートが終了へ

32bitappsios11

Appleは最近、iOSで32bitアプリから64bitアプリへの移行を推進しています。

iOS 10では32bitアプリを「互換性に問題のあるアプリ」としてユーザーに警告する機能が追加されるなど、32bitアプリ廃止へむけた準備がすすめられていたなか、iOS 11ではついに32bitアプリのサポートが終了となることが分かりました(MacRumors9to5Mac)。

実際先日公開されたiOS 11のベータ版で32bitアプリを起動しようとすると、上記のようなメッセージが表示されアプリが起動できない模様です。新バージョンのApp Storeでは32bitアプリが検索できず、以前ダウンロードしていた32bitアプリも購入済みタブからインストールすることはできないとのこと。

AppleはiOS 10で32bitアプリへの警告を強化してきましたが、64bitアプリの導入はiPhone 5sが発表された2013年9月までさかのぼります。2015年6月以降は、開発者に向け新規および更新されるアプリでの64bit化は義務づけられていました。

スポンサーリンク