Apple、iOS 12.2、watchOS 5.2、tvOS 12.2、macOS 10.14.4の各beta 4を開発者に対して公開 - パブリックベータ版も

S 20180620 82312

Appleは本日、iOS 12.2、watchOS 5.2、tvOS 12.2、macOS 10.14.4、Xcode 10.2の各beta 4を開発者に対して公開しました(AppleInsider)。iOS、tvOS、macOSに関してはパブリックベータ版も同時に公開されています。

Apple Developer Programに加入している開発者は、Apple Developer Centerからファイルをダウンロードして最新ベータをインストールすることができます。Apple Beta Software Programに参加しているベータテスターは、同Webサイトを利用して最新版をインストールすることができます。

今回リリースされたソフトウェアのビルド番号は以下の通りです:

名前 ビルド番号 リリース日
Xcode 10.2 beta 4 10P107d 2019/03/04(米国時間)
macOS Mojave 10.14.4 beta 4 18E205e 2019/03/04(米国時間)
iOS 12.2 beta 4 16E5212f 2019/03/04(米国時間)
watchOS 5.2 beta 4 16T5212e 2019/03/04(米国時間)
tvOS 12.2 beta 4 16L5212e 2019/03/04(米国時間)

iOS 12.2のベータ版ではこれまでに、Apple Newsのカナダでの提供の開始や、HomeKitのサードパーティテレビのサポート、新しいAirPlayアイコンの追加などが確認されています。またWalletアプリや、Safari、Screen Timeに対する細かな変更や、新しいAnimojiの追加も行われています。

一方macOS 10.14.4のベータ版でも同じくApple Newsのカナダでの提供の開始や、Touch IDを利用したSafariのオートフィルのサポート、Safariの自動ダークテーマのサポートが追加されていることが確認されています。

iOS 12.2 beta 4の新機能

MacRumorsによるとiOS 12.2 beta 4の新機能は以下の通りです。

Apple News: Nの文字をモチーフとした新しいアイコンが導入された。

Applenewsicon

コントロールセンターのリモートアイコン: コントロールセンターのリモートアイコンが、Apple TVのロゴからリモコンに似たものになった。

Controlcenterremoteicon

スポンサーリンク