Apple、iOS 12、tvOS 12、macOS 10.14、watchOS 5の各beta 5を開発者に対して公開

S 20180620 82312

Appleは本日、iOS 12、tvOS 12、macOS 10.14、watchOS 5の各beta 5を開発者に対して公開しました(AppleInsider)。開発環境Xcode 10のbeta 5も同時に公開されています。

Apple Developer Programに加入している開発者は、Apple Developer Centerからファイルをダウンロードして最新ベータをインストールすることができます。

今回リリースされたソフトウェアのビルド番号は以下の通りです:

名前 ビルド番号 リリース日
Xcode 10 beta 5 10L221o 2018/07/30(米国時間)
macOS Mojave 10.14 beta 5 18A347e 2018/07/30(米国時間)
iOS 12 beta 5 16A5339e 2018/07/30(米国時間)
watchOS 5 beta 5 16R5334f 2018/07/30(米国時間)
tvOS 12 beta 5 16J5334e 2018/07/30(米国時間)

これらOSの正式版は今年の秋に一般公開される予定で、年に一回更新されるメジャーバージョンアップ版として多数の新機能が追加される予定です。

iOS 12 beta 5の新機能

新機能ではありませんが、MacRumorsによるとiOS 12 beta 5には以下の不具合が存在するとのこと。

  • デバイスを再起動するとペアになっているBluetoothアクセサリが正しく機能しないか、名前の代わりにデバイスのアドレスが表示されることがある
  • Apple Pay Cashを使用してSiri経由で送金または請求すると、エラーが発生する可能性がある
  • CarPlayを使用している際にSiriが名前でアプリを開くことができない。アプリを開く関連のショートカットは機能せず、確認を必要とするショートカットも機能しない可能性がある
  • 動作しないショートカットリクエスト
  • 複数のライドシェアアプリがインストールされている場合、Siriは質問されたときにETAや場所を提供する代わりにアプリを開くことがる。Appleは修正案として再度質問するよう示唆
  • 組み込みのインテントを持つSiri Suggestionsショートカットを使用すると、カスタムUIが表示されないことがある

逆にアプリをインストールしようとしたときのApp Storeのエラーメッセージや、ロック画面やホーム画面で表示されるiPhone Xの不正確な携帯電波のシグナルバー、起動時にWalletがクラッシュするバグ、 スクリーンタイムの使用量とデータ設定の同期に関する不具合等は修正されています。またCarPlayのSiriショートカットの動作も改善しています。

詳しくはAppleが公開しているリリースノートに掲載されています。

macOS Mojave beta 5の新機能

9to5Macによると最新のbeta 5では、新しい壁紙が追加されているそうです。MacBook ProやiMacのマーケティング用の壁紙を含んでいて、実際の壁紙は9to5Macで閲覧、ダウンロード可能です。

S 20180731 95828

スポンサーリンク