Apple、iOS 13.2、iPadOS 13.2の各beta 1等を開発者に対して公開 - Deep Fusionが利用可能に

S 20190604 80407

Appleは本日、iOS 13.2 beta 1、iPadOS 13.2 beta 1、
watchOS 6.1 beta 2、tvOS 13.2 beta 1を開発者に対して公開しました(MacRumors)。iOS / iPadOS / tvOSに関してはパブリックベータ版も同時に公開されています。

Apple Developer Programに加入している開発者は、Apple Developer Centerからファイルをダウンロードして最新ベータをインストールすることができます。Apple Beta Software Programに参加しているベータテスターは、同Webサイトを利用して最新版をインストールすることができます。

今回リリースされたソフトウェアのビルド番号は以下の通りです:

名前 ビルド番号 リリース日
iOS 13.2 beta 17B5059g 2019/10/02(米国時間)
iPadOS 13.2 beta 17B5059g 2019/10/02(米国時間)
watchOS 6.1 beta 2 17S5059e 2019/10/02(米国時間)
tvOS 13.2 beta 17K5059d 2019/10/02(米国時間)

iOS 13.2では、iOS 13の新機能として紹介されていたものの利用することができなかった「Deep Fusion」が使用可能となっています。Deep Fusionは高度な機械学習を使って写真のピクセル単位での処理、写真のすべての部分の質感、細部、ノイズの最適化を行う画像処理システムで、iPhone 11のカメラアプリで使用可能です。

iOS 13.2 beta 1の新機能

MacRumorsによるとiOS 13.2 beta 1の新機能は以下の通りです。

Siriによるメッセージのアナウンス: Siriが着信メッセージをアナウンスする機能が、iOS 13.2で再び有効になった。「設定 > Siri」で変更可能。

Siriannouncemessages

RESEARCHのプライバシー設定: 設定アプリのプライバシーセクションに、Appleが今後追加すると予想される「RESEARCH」アプリ用の新しいオプションが追加された。ただしRESEARCHアプリはまだ利用できない。

Appleresearchapp

AirPlayとハンズオフ: 設定の「ハンズオフ」セクションが「AirPlayとハンズオフ」になり、「Transfer to HomePod」オプションが追加された。

Airplayandhandoff

コントロールセンターのボリューム: AirPods、Beats Pro、BeatsX、その他のBeatsヘッドフォンをiPhoneまたはiPadに接続している場合、コントロールセンターのボリュームコントロールバーに適切なアイコンが表示される。

Airpodsvolume

HomeKitのグルーピング: HomeKitアプリに、複数の機能を持つアクセサリをグループ化またはグループ化解除する新しいオプションが存在。

Homekitoptions

新しいAirPods: アクティブノイズキャンセリング機能を搭載していると噂されている新型の第3世代AirPodsのアイコンが見つかる。

AirPods b298 3x

スポンサーリンク