Apple、iOS 13、iPadOS 13、watchOS 6、macOS 10.15、tvOS 13の開発者向けbeta 2を公開

S 20190604 80407

Appleは本日、iOS 13、iPadOS 13、watchOS 6、macOS 10.15、tvOS 13の各beta 2を開発者に対して公開しました(iDownloadBlog)。

Apple Developer Programに加入している開発者は、Apple Developer Centerからファイルをダウンロードして最新ベータをインストールすることができます。

今回リリースされたソフトウェアのビルド番号は以下の通りです:

名前 ビルド番号 リリース日
macOS Catalina 10.15 beta 2 19A487l 2019/06/17(米国時間)
iOS 13 beta 2 17A5508m 2019/06/17(米国時間)
watchOS 6 beta 2 17R5507l 2019/06/17(米国時間)
tvOS 13 beta 2 17J5501l 2019/06/17(米国時間)

なおiOS 13やiPadOS 13の新機能を単に試してみたいユーザーに対しては、来月公開予定のパブリックベータ版を待つことが強く推奨されています。

2019年からiOSはiPhone用のiOS 13とiPad用のiPadOS 13に分離されます。2つのOSは基本的に同じですがiPadOSにはiPadの大画面を生かすための各種機能が追加されます。

iOS 13ではダークモードの追加や、写真アプリの刷新、ボリュームFUDの改善、探す(Find My)アプリの導入、地図アプリの刷新などが行われています。

macOS CatalinaではiTunesのミュージック、Podcast、TVアプリへの分割や、iPadをセカンドディスプレイとして利用できるSidecar機能の追加、iOSデバイスで利用できるスクリーンタイムの導入、写真アプリの刷新などが行われます。

iOS 13 beta 2の新機能

MacRumorsにまとめられたOS 13 beta 2の新機能は以下の通りです。

SMBサーバー接続: ファイルアプリでSMBサーバーへの接続が可能となった。beta 1では動作しなかったがbeta 2で動作するように。

Filesconnecttoserver

ファイルアプリのAPFSドライブ: ファイルアプリでAPFSフォーマットドライブをサポート。

ダウンタイム: スクリーンタイムのダウンタイム機能がApple Watchと同期。

Safari共有シート: Safari共有シートからWebページを共有するとき、PDFまたはWebアーカイブとして共有するための新しいオプションが追加。各アプリやアクションに最適な形式を選択する「自動」オプションも。

Newsafarishareoptions 800x776

マップのスプラッシュ画面: マップアプリを起動したときのスプラッシュ画面。

Ios13mapssplashscreen 800x722

新しいアニ文字ステッカー: 新しいポーズの新しいアニ文字ステッカーが追加。

Ios13b2newanimojistickers 800x239

High-Key Mono Lighting: 写真アプリのポートレートモードに、High-Key Mono Lighting(ハイキーモノ照明)エフェクトが追加。

ポートレートモードライティングスライダー: ポートレートモードライティングの照明の明るさを調整できるスライダーの追加。

HomePodとApple TVの機能: 新しいスプラッシュ画面が追加。

Appletvhomepodios13 800x526

ボイスコントロール: ボイスコントロールアクセシビリティ機能が有効な場合、デバイスの上部に青いマイクのアイコンが表示され、iOSデバイスがボイスコントロールモードになっていることを明示。

CarPlay: 再生中のセクションにアルバムアートを表示。

スポンサーリンク