来年公開されるiOS 13ではファイルアプリの刷新を初めとしたiPad向け機能の改良が行われる?

S 20170928 81224

Bloombergの記者、Mark Gurman氏がTwitterで共有した情報によると、来年公開される「iOS 13(コードネーム"Yukon")」で、AppleがiPadにフォーカスした機能の刷新を計画していることがわかりました(MacRumors)。

AppleはiOS 13で「ファイル」アプリを更新するほか、macOS風のアプリ内タブの導入や、Split Viewモードでの同じアプリの実行のサポート、Apple Pencilのサポートの改良など、iPad関連機能の改良を計画しているとのこと。またホーム画面の刷新もiPad向けのものになるようです。

iOS 11ではファイルアプリが新規に導入されたほか、iPad用Dockの改善や、新しいアプリスイッチャーの追加、ドラッグ&ドロップのサポート、Apple Pencil向け新機能の追加など多数のiPad専用機能が導入されました。iOS 13ではiPad向け機能がさらに改善され、iPhoneとの差異が作られていくことになります。

なお今年公開されるiOS 12では、当初計画されていた新機能は先送りされ、安定性と不具合の修正に集中したアップデートになるとみられています。ただしGurman氏はiOS 12/macOS 10.14でクロスプラットフォームアプリの作成が可能になると主張していて、これが実現すればmacOSをも巻き込んだ大きな新機能が追加されることになります(ただしクロスプラットフォームAPIの公開時期は来年になるという別の見方もあります)。

スポンサーリンク