iOS 13で導入される「Optimized Battery Charging」はバッテリー劣化問題に対する切り札か

Optimizedbatterycharging 800x287

AppleはiOS 13で、バッテリー劣化を防ぐ事を目的とした「Optimized Battery Charging」と呼ばれる新機能を追加することがわかりました(MacRumors)。

同機能は設定画面の「バッテリー > バッテリーの状態」の下に存在し、個人の習慣に基づいて充電方法を最適化します。

機能を有効にすると例えば、夜寝ている間にiPhoneを充電する事が多いユーザーの場合、就寝後すぐに80パーセントまでは充電されるものの、残りの20パーセントは起床時間の1時間程前までは充電されないようになります。

バッテリーは完全充電状態で劣化が進むため、Optimized Battery ChargingはiPhoneのバッテリーが100%で充電されている時間をできるだけ少なくすることでバッテリーの劣化を防ぎます。

iPhoneのバッテリーに関しては昨年大きな問題となり、Appleは劣化したiPhoneのバッテリーを格安で交換するサービスを提供しました。新機能が意図した通り上手く動作すれば、iPhoneのバッテリー寿命がこれまでよりも伸びることになりそうです。

スポンサーリンク