Apple、iOS 14、iPadOS 14、macOS Big Sur、watchOS 7、tvOS 14の各beta 4を開発者に対して公開

S 20200623 95007

Appleは本日、iOS 14、iPadOS 14、macOS Big Sur、watchOS 7、tvOS 14の各beta 4を開発者に対して公開しました(iDownloadBlog)。

Apple Developer Programに加入している開発者は、Apple Developer Centerからファイルをダウンロードして最新ベータをインストールすることができます。

今回リリースされたソフトウェアのビルド番号は以下の通りです:

名前 ビルド番号 リリース日
iOS 14 beta 4 18A5342e 2020/08/04(米国時間)
iPadOS 14 beta 4 18A5342e 2020/08/04(米国時間)
watchOS 7 beta 4 18R5350e 2020/08/04(米国時間)
tvOS 14 beta 4 18J5354d 2020/08/04(米国時間)

それぞれWWDC20で発表されたメジャーバージョンアップ版で、正式版は今年の秋に公開される予定です。

iOS 14では、ホーム画面ウィジェットや、全てのアプリを自動的にまとめてくれるAppライブラリ機能の追加、コンパクトな着信UIの導入、ピクチャ・イン・ピクチャへの対応、メッセージ、マップ、Siriの改善、翻訳アプリの追加など、多くの新機能が追加されています。

macOS Big SurでもDockや通知センターの刷新、コントロールセンターの追加などUIの変更や、Safariやメッセージ、マップなど標準アプリの改良が行われています、Intel搭載MacのほかAppleシリコン搭載Macにも対応します。

iOS 14 beta 4の新機能

MacRumorsによるとiOS 14 beta 4の新機能は以下の通りです。

Apple TVウィジェット: 新しいApple TVウィジェットが追加。

Appletvwidget

検索の改善: アプリ内コンテンツまたは質問を検索する際、トップヒットがWebサジェストの下に表示されるようになった。アプリ、Siriナレッジ、 Siri の提案、ニュースなどが上部に表示され、アプリの検索はインターフェイスの下部で引き続き利用できる。

Ios14search

3D Touch: 前回のベータで利用できなくなっていた3D Touchが復活。

Exposure Notification API: 濃厚接触通知APIが追加され、iOSでも濃厚接触通知アプリが利用可能となった。

スポンサーリンク