iOS 14の「Clips」機能によってユーザーはアプリをインストールすることなく使用することができるようになる

Android slices
(画像はAndroidの"スライス")

9to5MacはiOS 14の初期ビルドを調査し、Appleがアプリを完全にインストールすることなしに、特定の機能を提供することができる新しい機能に取り組んでいるようだと報じています(MacRumors)。

記事によると、iOS 14には「Clips」と呼ばれるAPIが存在し、ユーザーはアプリにリンクされたQRコードをスキャンし、画面上に表示されたフローティングカードを介してアプリのコンテンツを操作できるとのことです。カードにはApp Storeからアプリのフルバージョンをダウンロードするオプションや、既にインストールされている場合は、アプリでコンテンツを開くオプションが表示される模様。

なおAndroidには「スライス」と呼ばれる同様の機能がすでに存在します。

スライスとは、Google 検索アプリ内や、その後 Google アシスタントなど他の場所に、アプリのリッチで動的なインタラクティブ コンテンツを表示するための UI テンプレートです。スライスにより、アプリの操作を全画面表示以外で行えるようになり、ユーザーはより速くタスクを完了できます。アプリ アクションの拡張としてスライスを作成できます。

AppleはOpenTable、Yelp、DoorDash、YouTube、PS4 Second Screenアプリ等で新機能をテストしているそうです。

スポンサーリンク