【悲報】iOS 14とiPadOS 14のデフォルトブラウザ設定は再起動ごとに元に戻る

S 20200623 95007

iOS 14とiPadOS 14では、Appleのメールアプリやブラウザアプリの代わりに、サードパーティ製のアプリをデフォルトとして設定することが可能になっています。

ところが、実際にサードパーティ製アプリをデフォルトとして設定しても、現時点では再起動のタイミングで元にもどってしまう不具合が存在することが明らかとなりました(MacRumors)。

不具合はソーシャルメディアなどで報告され、AppleはCNETに対し、この現象を不具合だと認めるコメントを提供した模様。

We are aware of an issue that can impact default email and browser settings in iOS 14 and iPadOS 14 . A fix will be available to users in a software update," Apple said in a statement.

Appleは、iOS 14とiPadOS 14で、デフォルトのメールとブラウザの設定に影響を与える問題が発生していることを認識し、修正はソフトウェアアップデートでユーザーに提供する予定だと説明しています。

有効な回避策はありませんが、問題が修正されるまで再起動をできるだけ避けることでデフォルトアプリの再設定を避けることが可能です。

なお記事執筆時、Chrome、Edge、DuckDuckGo、Firefoxなどがデフォルトのブラウザとして、SparkとMicrosoft Outlookがデフォルトのメールアプリとして設定可能とのことです。

スポンサーリンク