iOS 14はついにホーム画面ウィジェットに対応か? 壁紙の設定画面のスクリーンショットも流出

IOS 14 wallpapers

Apple関連のリーク情報を提供しているDongleBookPro氏が、iOS 14の壁紙設定画面のものとされるスクリーンショットを公開し、9to5MacはこれがiOS 14のコードに含まれる「Avocado」と呼ばれる機能の存在を裏付けるものではないかと主張しています。

まずiOS 14の新しい壁紙設定画面は、壁紙がコレクションで分類されるようになり、これには「クラシックストライプ」、「アース&ムーン」、「フラワー」などが含まれるとのこと。全ての壁紙をまとめて表示するのではなく、選択したコレクションをスクロールして壁紙を簡単に見つけることが可能となります。

また「ホーム画面の外観」とよばれるオプションが追加され、壁紙の暗いバージョンやぼやけたバージョン、通常のバージョンなどを選択できる模様です。

なお新しい壁紙設定画面はiOS 14のホーム画面を制御する「Avocado」と呼ばれる機能の一部で、ホーム画面に他のアプリのアイコンのように移動できるウィジェットを表示できるようになる可能性があると9to5Macは指摘しています。ただし機能は実装中であり、今後計画が中止になる可能性もあるそうです。

スポンサーリンク