iOS 14のデフォルトメール・ブラウザ設定不具合完治せず

Photo

Appleは、iOS 14とiPad 14でデフォルトのメールアプリやブラウザをサードパーティアプリに変更することができる機能を追加しましたが、完全に動作するためにはまだ修正が必要なようです。

最新のiOS 14.1に、デフォルトのメールやブラウザを変更したあと、そのアプリ(GmailやMicrosoft Edge)を更新すると、設定がリセットされてしまう不具合が存在することがわかりました(The Verge)。

例えばGmailをデフォルトのメールアプリに設定した後、Gmailをアップデートするとデフォルトのメールアプリが元に戻ってしまうという不具合で、開発者のDavid Clarke氏が不具合を確認できる動画を公開しています。

デフォルトメールとブラウザの設定機能は、iOS 14/iPadOS 14のリリース当初から再起動後に設定がリセットされるという不具合が指摘され、これはiOS 14.0.1で修正されました。今回見つかった不具合もiOSの次期バージョンである14.2で修正されることが期待されます。

スポンサーリンク