Apple、開発者向けに「iOS 8.3 Beta 1」をリリース - ワイヤレスCarPlay、絵文字ピッカーの更新

NewImage

Appleは本日、開発者向けにiOS 8.3系最初のベータである「iOS 8.3 Beta 1」をリリースしました(MacRumors9to5Mac)。ビルド番号は12F5027d。Xcode 6.3 betaとSwift 1.2も同時にリリースされています。iOS Developer Programに加入している開発者は、iOS DevCenterより最新版をダウンロードすることができます。

これで、現在「iOS 8.2ベータ」と「iOS 8.3ベータ」の2系統のベータが並立することになりました。今後iOS 8.2系はApple Watch関連の機能にフォーカスして開発されていき、iOS 8.3は、その他のより一般的なiOS全般に関わる改良が行われていくものと思われています。

iOS 8.3の新機能

ワイヤレスCarPlay

NewImage

設定アプリの一般カテゴリにCarPlay用の設定が追加されています。自動車がワイヤレスCarPlayをサポートしているならば、ボイスコントロールを使ってCarPlayの設定を行うこともできるようです。

絵文字ピッカー

NewImage

OS X 10.10.3 ベータで導入された絵文字ピッカーと同じような、縦スクロール型のものに変更されています。ただし新しい絵文字のプレースホルダや、スキントーンの変更機能は実装されていないとのこと。

Goolgeの2段階認証のサポート

NewImage

アプリ固有パスワードではなく、正式な2段階認証がアプリで利用できるよう改良されています。

その他、近々中国で始まるApple Payに関する機能の追加や、Passbookに関する細かな変更も行われているようです。

スポンサーリンク