「iOS 8」で サードパーティ製キーボード「TouchPal」 を使用する動画が公開される

NewImage

「iOS 8」でシステムワイドのキーボードがサードパーティに(ようやく)解放されたことは大きな話題となりました、既存の著名なキーボードアプリも早速対応を表明しているのですが、その中の一つ「TouchPal」を実際にiOS 8をインストールしたiPhoneに導入し使用する動画が公開されています(AppleInsiderCult of Mac)。

インストール方法は、まず「Touch Pal」アプリをダウンロードし、「設定」アプリから「一般 > キーボード」と進んでキーボードを追加します。

このとき「Third-Party Keyboards」という欄が表示され、「When using one of these keyboards, the keyboard can access all the data you type.」(これらのキーボードを使うと、キーボードはあなたの全てのデータにアクセス可能となる)と注意書きが表示されているとのこと。iOSアプリの場合審査があるので大丈夫かもしれませんが、怪しいサードパーティ製キーボードの導入には慎重になったほうが良いかもしれません。

一旦設定すると、あとは通常のキーボードの切り替えボタンを使ってインストールしたキーボードを使うことができるようになります。iOS 8ではいろんなタイプのキーボードが登場しそうですね。期待。


スポンサーリンク