Apple、開発者に対し「iOS 9.2 beta 2」をリリース - Safari View Controllerの進化が止まらない模様

Ios9

Appleは本日、開発者に対しiOS 9.2系の2番目のベータ「iOS 9.2 beta 2」をリリースしました(MacRumors9to5MaciDownloadBlog)。同時にApple TV用OSのベータ版「tvOS 9.1 beta」もリリースされています。

ビルド番号は13C5060d。Apple Developer Programに加入している開発者は、Apple Developer Centerからファイルをダウンロードし、最新ベータをインストールすることができます。または既存のiOS 9.2 beta環境からOTAを使ってアップデートすることも可能です。

Safari View Controllerの改良

beta 2ではbeta 1に引き続きSafari View Controllerの改良が進み、エッジスワイプによって非表示にすることができる機能が追加となりました。開発者はアプリをリビルドすることによってこの新しい動作をアプリに組み込むことができます。

NewImage

またMacRumorsによると、iOS 9.2 betaにはAT&TのNumberSync機能をサポートする機能が実装され、AT&TユーザーはiPhoneと同じWi-Fiネットワーク内にMacやiPadが存在していなくても電話を受けることができるようになった模様(現在利用できるContinuityではMacやiPadとiPhoneが同一Wi-Fiネットワークに接続していないといけないところが異なります)。

スポンサーリンク