【朗報】Apple、「iOS 9」で安定性向上と不具合の修正に超集中する模様

Ios8

ここ数年矢継ぎ早に新機能が投入されてきたiOSですが、来る「iOS 9」では新機能の追加ではなく、安定性の向上と不具合の修正が主に行われることになるかもしれません。海外テックサイト9to5Macは以下のように伝えています(MacRumorsThe VergeTechCrunch日本版)。

For 2015, iOS 9, which is codenamed Monarch, is going to include a collection of under-the-hood improvements. Sources tell us that iOS 9 engineers are putting a “huge” focus on fixing bugs, maintaining stability, and boosting performance for the new operating system, rather than solely focusing on delivering major new feature additions. Apple will also continue to make efforts to keep the size of the OS and updates manageable, especially for the many millions of iOS device owners with 16GB devices.

9to5Macの情報ソースは「iOS 9(コードネームMonarch)では内部的な改良が行われ、iOS 9の開発者は新機能の開発よりも、不具合の修正や、安定性の保持、パフォーマンスの改良に集中している」と語り、さらに「16GBモデルユーザーのために、OSサイズを維持するための努力を続けている」と付け加えています。

ここ最近Appleがアップデートを急ぎすぎていて、ソフトウェアの品質が低下しているのではないかという批判もあるため、この噂は、多くの人から歓迎されている様子。Macユーザーからすると「OS X」も、安定性、パフォーマンスの向上路線でいってもらいたいところですが、果たして…。今年はどのようなOSが登場することになるのでしょうか。

スポンサーリンク