Apple、macOS SierraとiOS 10のパブリックベータ3をリリース

Ios10 and macos

Appleは本日、macOS SierraとiOS 10のパブリックベータ3の配信を開始しました(AppleInsiderNeowin)。

macOSとiOSのパブリックベータ版は、無料のApple Beta Software Programに参加することでダウンロードすることができます。

ベータ版はバグや予期せぬ不具合が発生する可能性があることから、メインマシンではなく予備のマシンへのインストールが推奨されていますのでご注意ください。

今回公開されたパブリックベータ3は、先日公開された開発者向けのbeta 4と同じもので、多様性を考慮した100個の新しい絵文字が追加されていることが発見されています。

iOS 10ではロック画面や通知の大幅な改良や、Siriのサードパーティアプリのサポートが追加されたほか、多くの組み込みアプリが更新されています。macOS SierraではSiriの追加やiCloud関連機能の強化、 Apple Watchと連携した自動ロック解除機能などが注目です。

スポンサーリンク