ありがたみがハンパない、世界最強大学のうちの1つ、スタンフォード大学の「Swift」言語講座が無償で公開される

Developing iOS 8 Apps with Swift  iTunes で Stanford による無料コースをダウンロード

スタンフォード大学とは、カリフォルニア州スタンフォードにある米国の私立大学。世界大学ランキングで、ハーバード大学などと上位を常に争っている名門校でもあります。そんなスタンフォード大学の「Swift」言語講座「Developing iOS 8 Apps with Swift」がiTunes Uで無料公開されています(TUAW)。

講座の内容はSwiftを使ってiOS 8用のアプリを作るための様々な技術を説明するもの。モバイルデバイスのためのユーザーインターフェイスデザインや、マルチタッチ技術を利用したユーザーインタラクション、MVCパラダイムによるオブジェクト指向デザイン、メモリ管理、もちろんSwift言語自体に関する知識も取得することができます。

C言語やオブジェクト指向プログラミングの基礎知識が必要ということですが、日本人にとっては英語の講座についていけるかどうかが最大の問題かもしれません。

今のところ第2回まで動画がアップロードされています。世界レベルの講座でSwiftを学びたい方は是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク