Panic、「Transmit iOS 1.1.1」で「 iCloud Drive」等への送信機能をごっそり削除する事に

Transmit

Panicは、iOS用の定番ファイル転送アプリ「Transmit」の最新版「Transmit iOS 1.1.1」をリリースしました。

Transmit iOS: FTP, SFTP, S3, WebDAV 転送クライアント App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,000
Macでお馴染みのFTPアプリTransmitのiOS版。

バージョン1.1.1ではいくつかの不具合が修正されるとともに、Appleからの要望により「iCloud Drive」を含むクラウドストレージサービスへのファイル送信機能を削除したことが話題となっています(公式ブログMacRumors9to5Mac)。

Panicの公式ブログによると、アプリ自体でコンテンツを送信することなく、iCloud Driveへファイルを送信することが、App Store Review Guidelinesの2.23「Apps must follow the iOS Data Storage Guidelines or they will be rejected」に違反していると、Appleから指摘されたということ。

NewImage

iCloud Driveへの送信機能だけ削除すれば良いように思えますが「Share Sheet」(上記画像)にiCloudが自動的にリストアップされ、これが変更不可能なため、送信機能を全体を削除することになったようです。

PanicはShare Sheetを変更可能にするか、iCloud Driveへの送信機能を許可する方向で規約を変更するよう要請しています。

スポンサーリンク