Apple、新言語「Swift」を含む開発者向け新機能を発表

NewImage

Appleは、WWDC 2014で、新しいプログラミング言語「Swift」を含む開発者向け新機能を発表しました(engadget日本版ITmedia)。

Swiftは、Cocoa / Cocoa Touch向けの新しいプログラミング言語で、モダンなシンタックスを持つ今どきのプログラミング言語です。

これだけなら単なるトランスレーターかな?と思ってしいそうですが、注目すべき点は「Objective-Cよりも高速」とされているところです。ひょっとしたら今までのアプリ開発を根底から覆すかもしれないプログラミング言語ということで、今世界中の開発者から注目を浴びています。

Swiftに関するリソース

現時点で役に立ちそうなリソースをまとめてみました。

今後どういう立ち位置になるのか現段階では不明な点が多いですが、開発者ならば、無視はできなさそうなプログラミング言語ですね。

App Storeの改善

NewImage

その他るApp Storeに関する機能も大幅に改良されるようです。検索の改良や、アプリのバンドル販売(まとめ売り)の導入、アプリの動画プレビュー機能の導入。公開ベータテストを可能にするTestFlightの導入など(iDownloadBlog)。

Swiftに話題騒然となっていますが、こちらも要チェックです。

スポンサーリンク