Apple、新型9.7インチiPadなどを発表 - A9チップを採用して高速化

S 20170322 92151

Appleは21日、新型の9.7インチiPadを発表しました(Apple Press Info)。価格は最も安い32GBのWi-Fiモデルの37,800円(税別)より。注文は3月25日から可能です。

iPad Air 2の後継と見なされる廉価版モデルで、プロセッサはA8XからA9へ(Xなし)バージョンアップしています。ただし厚みは6.1mmから7.5mmへ、重量はWi-Fiモデルが437gから469gへ、Wi-Fi+Cellularモデルの場合444gから478gへ増加しているのが気になるところかもしれません。

なおストレージは32GBと128GBの2種類で、128GB版の場合約1万円値上がりします。カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの三色。

またiPad mini 2の販売が終了し、iPad mini 4が128GBのみに。PRODUCT REDの一貫としてiPhone 7/7 PlusにRedエディションが追加、iPhone 7/7 Plusのケースの新色の追加など細かな発表が多数行われています。

スポンサーリンク