Apple、新型のiPad Airと無印iPadを発表 - A14チップを搭載し、Touch IDは電源ボタンに

2020 ipad air

Appleは本日、新型の「iPad Air」を発表しました(MacRumors)。

新モデルはiPhone 12シリーズにも搭載されると見込まれている「A14 Bionic」チップを搭載し、以前のモデルより40%(グラフィックスは30%)パフォーマンスが向上しています。

10.9インチのRetinaディスプレイを採用し、Touch IDを電源ボタンに内蔵することで、全面ディスプレイを実現しています。端子はUSB-Cポートで、4K動画の撮影にも対応する12MPの背面カメラが採用されています。

カラーはスペースグレイ、シルバー、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色構成。ストレージは64GB/256GB。価格は62,800円(税別)からとなっています。

Ipad

また同時に最も安価な無印「iPad」の新モデルも発表され、こちらはA12 Bionicチップによる処理の高速化が主な特徴となっています。色はスペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色構成でストレージは32GB/128GB。価格は34,800円(税別)からです。

スポンサーリンク