【KGI】新型のハイエンドiPad Proは、10〜10.5インチサイズ

S 2016 03 22 10 00 25

Apple関連の予想情報でおなじみのKGI証券のMing-Chi Kuo氏が新しい調査レポートを公開し、AppleのiPadのラインナップに、新たなハイエンドモデルが追加されると予想していることがわかりました(MacRumors)。

レポートによると、Appleは2017年に、12.9インチのiPad Pro 2と、低コストの9.7インチiPad、さらに新しいベゼルフリーの10〜10.5インチサイズのiPadの発売を計画している模様です。

We note the 12.9" model will be the second generation of the existing 12.9" iPad Pro, the 10-10.5" model will be the high-end model equipped with a narrow bezel design, and the 9.7" model will be the low-priced option.

ハイエンドよりの2つの新型モデルはTSMC製のA10Xチップを搭載するのに対し、9.7インチiPadはSamsungのA9チップが搭載されるとされ、モデル間の格差が存在すると見込まれています。

スペックはともかく画面サイズに関しては、以前流れたMacお宝鑑定団ブログの噂情報でも10.1インチや10.9インチとされているため、10インチ代の新モデルの発売は可能性が高いのかもしれません。

ただし今回の噂情報ではiPad miniには触れられておらず、iPad miniの後継機種を待ち望んでいるユーザーには、今後の計画が気になるところとなっています。

スポンサーリンク