iFixit、iPad mini 5の分解レポートを公開 - 3GBのRAMやTrue Tone対応を確認

Ifixit ipad mini 5 teardown 800x600

おなじみの修理業者iFixitが、先日より発売が開始されたAppleの小型タブレット「iPad mini 5」の分解レポートを公開しました。

レポートによると、iPad mini 5の外観は先代のiPad mini 4と大変似ているそうで、モデル番号である「A2133」が違いを示す手がかりになるぐらいだとのこと。

内部では、背面に8MPのカメラ、フロントに7MPのカメラが搭載されていることが確認されたほか、iPad mini 5の特徴であるA12 Bionicプロセッサや、3GBのRAM(2GBから変更)、Trune Toneセンサー、マイク位置の中央への移動などが確認されています。なおバッテリー容量はiPad mini 4と同じ19.32 Whだった模様。

S 20190403 112035
修理容易性を示すRepairability Scoreは2/10(10が最も修理しやすい)で、ネジが共通化されていることは評価できるものの、バッテリーの交換が困難なことや、接着剤が多く使用されていること、ホームボタンの交換が難しいことなどが低く評価される要因となっています。

スポンサーリンク