【朗報】「iPad mini 4」は1.5GHzのA8プロセッサと2GBのメモリを搭載していることが判明

NewImage

アメリカの技術系サイトArs Technicaは、Appleの最新タブレット「iPad mini 4」を入手し、同タブレットに、1.5GHzのデュアルコアのA8プロセッサと、2GBのメモリを搭載していることが明らかになったと、報じています(MacRumors)。

iPad mini2/3より速く、iPad Air 2よりは遅い

iPad mini 4のスペックは、ベンチマークソフト「Geekbench 3」によって明らかになったもの。

NewImage

ベンチマークテストの結果も公開されていて、iPad mini 4のスコアは、iPad mini 2/3や、iPhone 6より優れているものの、1.5GHzのトリプルコアA8Xを搭載したiPad Air 2を超えることはできないという順当な結果に収まっています。

2GB時代に突入

去年発売されたiPad Air 2は、iOSデバイスとして初めて2GBのメモリが搭載されたことで話題となりました。

その後、今年発売されるiPhone 6s/6s Plus、iPad mini 4、Apple TVといったデバイスにも、2GBのメモリが搭載されていること判明しつつあります。

アプリの高機能化やiOS自体の進化により、2GBのメモリが標準化した時代に突入したといっても良さそうです(iPad Proは4GBのメモリを搭載しています)。

スポンサーリンク