iPadのマルチタスク機能を飛躍的に使いやすくするコンセプト

S 20200226 193235

AppleはiOSのマルチタスク機能を改良し続けており、特にiPadでは二つのアプリを同時に実行することができる「Split View」や「Slide Over」といった機能の追加によって、ユーザーの生産性を大きく向上させることに成功しました。

ところがiPadのSplit Viewを利用したマルチタスク機能には、画面を分割し二つのアプリを同時に実行することができるものの、選択できるアプリがDockに表示されているものに限定されるという制限があります。

今回この不便さを解消する新しいコンセプトが、デザインを学ぶ学生であるTommy氏によって提案されました。(9to5Mac)。

iPadOS Concept from No name on Vimeo.

同氏のアイデアは、現在のSplit Viewの制限は、片方のビューでホーム画面を直接表示することで解消できるというアイデアに基づいています。Dockからアプリを選ぶのではなく、ビューをスワイプしてホーム画面を表示し、そこからアプリを選んで好みのアプリに入れ替えることができるのです。

アイデアには未完成な部分もあり、Slide Overと機能が干渉することが考えられますが、iOS 14以降での導入もありうる実用的な機能だといえそうです。

スポンサーリンク