iPadのマルチタスク作業が捗りそうなコンセプトイメージ

2020 02 05 16 23 41

Appleは2019年にiOSとiPadOSを分離し、iPadをより生産的なデイバスとして位置づけようとしています。iPadOSでは、複数のアプリを同時に扱うためのマルチタスク機能も徐々に強化されていますが、ジェスチャーをベースとした現在の方式は初心者にとって操作が直感的に分かりづらいという問題を抱えているかもしれません。

今回この問題を解決するコンセプトイメージがMacStoriesによって提案されています(9to5Mac)。

提案されたコンセプトは、マルチタスクシステム全体を刷新するものではなく、マルチタスク機能の使用方法を分かりやすく提示するものとなっています。

Dock上のアプリを長押しするとマルチタスク用のコンテキストメニューが表示され、分割ビューの左/右、あるいはスライドオーバーで簡単に開くことができるようになります。画面がすでに分割ビューで表示されている場合、既存のアプリを置き換えることができる少し異なるコンテキストメニューが表示されます。

現行のマルチタスクシステムを大きく変更する必要はないアイデアで、将来のiPadOSで実際に似たようなアイデアが取り入れられる可能性はあるかもしれません。

スポンサーリンク