iPadOSのおすすめの新機能や変更がよく分かる動画

IMG 0188

Appleは2019年、iPad専用のオペレーティングシステム「iPadOS」を公開しました。

iPaOSのベースはiOSと同じですが、iPadの大画面を生かすためのさまざまな新機能が追加されており、iPadユーザーの期待を集めています。

このiPadOSの新機能や変更がよく分かる動画が9to5Macで紹介されています。

動画はiPadOS 13.1をインストールしたiPadを実際に操作しながら、主要な新機能を紹介するという形式で、以下のような機能が取り上げられています。

  • フローティングキーボード: キーボード右下の非表示ボタンを長押しして、画面上のどこにでも移動できるフローティングキーボードを使用することができる。
  • デスクトップクラスのブラウザ: Safariのブラウズ体験の改良。
  • Safariのダウンロード: ほとんどなんでもダウンロードできるようになった。
  • キーボードショートカットの拡充: SafariとFilesアプリに新しいキーボードショートカットが追加。
  • フォントのインストールと管理: App Storeからフォントを直接インストール可能に。
  • マルチタスクの拡張: Slide Overの拡張や同じアプリの複数ウィンドウ表示の対応、アプリ切り替えの改良などさまざまな改良。
  • ファイルアプリの拡張: 新しいビューやソートオプションの追加、検索フィルタ、SMBアクセス、外部ドライブアクセス、ファイルのZipとUnzip、iCloudフォルダ共有など
  • フォトアプリの改良: 新しい編集ツールの追加。
  • Apple Pencilの応答性の改良: 9ミリ秒の待ち時間を実現。
  • フルページスクリーンショットとマークアップ: ドキュメントやemail、Webページ全体のスクリーンショットを取得し、マークアップを追加することができる。
  • ダークモード: iOS 13同様ダークモードが追加された。
  • ホームスクリーンショートカット: アイコンの長押しでショートカットが表示できる。
  • 新しいカット・コピー・ペーストジェスチャ: 3本指を利用した新しいジェスチャ。
  • Apple Arcade: 定額制ゲームサービスApple Arcadeが利用可能。
  • Bluetoothコントローラーサポート: XboxとPS4のBluetoothコントローラーをサポート。
  • マウスアクセシビリティのサポート: アクセシビリティ機能としてマウスサポートが追加された。
  • サイドカー: macOS Catalinaを搭載したMacと組み合わせ、iPadをセカンドディスプレイとして利用できるSidecar機能が利用できる。

9to5Macには動画のほか、新機能ごとのスクリーンショットも掲載されていますので、気になる方は参照してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク