Apple、12.9インチの「iPad Pro」を発表。「iPad mini 4」もひっそり登場

Ipadpro

Appleは9月9日(現地時間)、12.9インチディスプレイを採用した「iPad Pro」の発表を行いました(Engadget日本版TechCrunch日本版)。

iPad Proのストレージ容量は32GBと128GB。米国での価格はWi-Fi版が799ドル、949ドルとなっています(WiFi+セルラー版は128GBで1079ドル)。日本では11月発売予定で、国内での正式販売価格はまだ不明です。

同時に新型のiPad miniモデル「iPad mini 4」も発表となり、こちらはすでに購入可能に。価格は16GBのWi-Fiモデルで42,800円(税別)です。

A9Xプロセッサ、4GB RAMを搭載

iPad Proのスペック面での特徴は、とにかく、過去最強のiPadとしての贅沢な仕様にあるといっても良いでしょう。

12.9インチディスプレイの解像度は2,732 x 2,048ピクセル。これは横表示にしたとき従来のiPadアプリを2つ縦にならべることができる解像度です。

プロセッサは、最新A9Xプロセッサを採用し、臨場感が高まる4つのスピーカーホールを装備。バッテリーは10時間持続。シルバー、ゴールド、スペースグレイの3つのカラーから仕上げを選択することができます。

RAM容量は公式仕様には記載されていませんが、Adobeのプレスリリースには4GBと記載されていたそうですので、メモリ不足に悩む心配は不要かもしれません

スタイラス/キーボードカバーが登場

Applepencil

iPad Pro用の純正アクセサリとして感圧式のスタイラス「Apple Pencil」とキーボードカバー「Smart Cover」が同時に発表されました。

Apple Pencilは圧力センサーを内蔵し、筆圧に応じてラインの太さを変えたり、先端に内蔵された2つの傾斜センサーで自然な濃淡を加えることができ、また非常になめらかなかき心地を実現しているiPad Pro用のスタイラスです。

先端のマグネット式キャップの下にLightningコネクタがありiPad Proに差し込むだけで充電可能。15秒間の充電で30分使え、フル充電すれば12時間仕様することができます。

ちなみに、Smart Coverは一見してMicrosoft Surfaceのものとそっくりに思えますが、イベントにMicrosoftの人が登場し笑顔でOffice for iPadのデモをしていたので、パクリ問題は存在しないと思われます。

スポンサーリンク