実現性が高い?薄型ベゼルとFace IDを採用した「iPad Pro」のコンセプト画像

Ipadproconcept 800x704

2018年に発売されるiPad Proは、ベゼルが薄型化されiPhone XでおなじみのFace IDシステムの採用によってホームボタンが削除されるのではないかとの噂が流れています。

今回デザイナーのÁlvaro Pabesio氏は、これら噂情報や希望を元に「iPad Pro」コンセプトイメージを作成し公開しています(MacRumors)。

コンセプトで具現化されたiPad Proは、11.9インチのディスプレイを採用し、ベゼルが薄型化されているのが特徴です。ホームボタンは削除されていますが、iPhoneのように「ノッチ」は存在せず、Face IDのためのフロントカメラやセンサーは、筐体上部に存在しています。

Ipadproconcept3 800x688

筐体のサイズは現行の10.5インチiPad Proと物理的には同じサイズとされ、ベゼルを狭くすることによって、より大きなディスプレイが搭載可能となっています。また背面には噂にも流れていない12メガピクセルのデュアルリアカメラが搭載されています。

そのほかiOS 12には搭載されていないiOSのさまざまな新機能も美しい画像で提案されています。iPad ProでFace IDが採用されるとしたら、iPhone Xのようなノッチ方式になるのか、それともこのコンセプトイメージのようになるのか注目を集めそうです。

スポンサーリンク