iPadで動くオープンソースのビジュアルプログラミング環境「Pyonkee」が熱い

NewImage

iPad用の本格的なビジュアルプログラミング環境「Pyonkee」が公開されています。MITメディアラボの有名なビジュアル開発環境Scratch 1.4を元に開発されたアプリで、ソースコードもGitHubで公開されています。

ピョンキー App
カテゴリ: 教育
価格: 無料

基本的な操作方法

Scratchは楽しくプログラミング言語を学習するために開発されたビジュアルプログラミング環境なので、初心者でも楽に始めることができるはず…と思ったのですが、慣れないとちょっととまどうかもしれません。

Program 1

基本的な操作は、左側でいろいろなパーツを選んで、真ん中のScriptエリアに配置して、緑のアイコンを押して実行といった感じ(上の画面はシミュレーターなので英語表記になっています)。

操作方法がよくわからないという場合「日本語版Scratchのつかいかた」がとても参考になります。

ソースコードも参考になりそう

Pyonkee 1

ソースコードもきっちりXcodeでコンパイルすることができました。プログラミング環境的なアプリを作りたい開発者にとってはこちらも参考にすることができそうです。PyonkeeのソースコードはGPL v2ライセンスで配布されています。

スポンサーリンク