Swift Playgrounds 3.1がリリース - Swift 5.1/iOS 13 SDKに対応

1104x828bb

Appleは10月1日、Swift学習アプリ「Swift Playgrounds」の最新版v3.1をリリースしました。Swift Playgrounds 3.1はiOS 12.0以降を搭載したiPadに対応し、App Storeから無料でダウンロードすることができます。

Swift Playgrounds App
カテゴリ: 教育
価格: 無料
楽しく遊びながらプログラミングを学べる画期的なiPad用App。

v3.1ではダークコーディングテーマや夜のステージの追加など、iPadOS 13のダークモードのサポートが追加されたほか、SwiftUIや、Swift 5.1、iOS 13 SDKに対応しています。

リリースノートは以下の通りです。

• iPadOS 13で“ダークモード”を実行しているとき、新しいダークコーディングテーマを使用できます
• iPadOS 13で“ダークモード”を使用しているとき、“コードを学ぼう”でByteや友達が夜のステージをプレイできます
• 新しく作成するプレイグラウンドでは、SwiftUIフレームワークを使用してビルドできます
• Swift 5.1とiOS 13 SDKが含まれています

Swift Playgroundsは、楽しく遊びながらプログラミングを学べる画期的なiPadアプリで、多くの人気アプリの作成に使われている人気言語Swiftをじっくり学ぶことができます。

スポンサーリンク