【朗報】2018年発売のiPhone X後継機はよりパワフルなバッテリーを搭載へ

Kuo iphone batteries 2018

来年発売されるiPhone X後継機のバッテリー容量は今年のモデルより10%増量される可能性があると、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が伝えています(MacRumors)。

AppleとLG Chemが開発中とされるL字型の1セルデザインの新型バッテリーの採用により、スペース効率が改善され、バッテリー容量がiPhone Xの2716 mAhから、2900〜3000 mAhに増大するとの予想です。

なお2018年に発売される5.8インチ、6.5インチOLEDモデルはこの1セルL型バッテリーを採用するのに対し、6.1インチLCDディスプレイを採用する低コストモデルは従来の直方体型バッテリーを採用すると見込まれています。

iPhone Xで以下のような2セルL字型バッテリーが採用されたのは、1セル型バッテリーの開発が間に合わなかったのではないかとする見方もあります。

Iphone x battery ifixit

TrueDepthカメラのように電力を多く消費するコンポーネントが増えている今、貴重なスマートフォン筐体内のスペースを有効活用できる1セルバッテリーの開発が急がれているのかもしれません。

スポンサーリンク