【Kuo】2019年モデルのiPhoneで新しいアンテナ技術を採用か

2018 iphone trio

Apple関連製品のアナリストMing-Chi Kuo氏があらたな調査レポートを公開し、2019年に発売されるiPhoneで新しいアンテナ技術が採用されると予想していることがわかりました(MacRumors)。

このレポートによると、新型iPhoneでは従来の液晶ポリマー(LCP)のかわりに、変性ポリイミド(MPI)素材が採用され、歩留まりの向上やコストの削減が期待できるとのこと。

4G LTEに関する性能は同じ程度ですが、屋内ナビゲーションは改善し、超広帯域無線システムへの対応によって、アンテナ技術のコストは10〜20%程度増大すると説明されています。

Kuo氏はまた、AppleのサプライヤであるCareerが今年はiPhoneの受注を失い、2019年後半のiPhoneの出荷数が、前年と同程度になるとも予想。2020年のiPhoneは5Gに対応するとともに、アンテナが(製造上の問題点を解決した)LCPに戻るとも主張しています。

スポンサーリンク